電車バス  - 鉄道とバスの旅・歴史のブログ

矢向・尻手駅に行ってみた。

先日、南武線の矢向・尻手駅を訪れてみたのですが、色々と感じたことがありました。

矢向駅




矢向駅_015


矢向駅(平屋駅舎が特徴)


矢向駅_001


相対式のホームのため、改札口を入るとすぐ立川方面に行けるが、川崎方面は唯一ある跨線橋を渡らなければならない(エレベーターはあるけど)
んでもって、個人的に案内表示板に「川崎・浜川崎方面」と表示しておりまして、そこが気になりました。というのも浜川崎方面は隣の尻手駅と浜川崎駅を結びますので・・・。矢向駅からはダイレクトに浜川崎駅へ行けないんですね。


矢向駅_012



矢向駅は車両置き場があり、朝早くのダイヤに矢向始発のものがあります。


矢向駅_013



こんな感じの相対式のホームです。



矢向駅_01



交差するとこうなります。相対式なので、近づいて撮影すると柵が映っちゃうんですよね。跨線橋から撮ればよかったと後から気付く自分。ただ、この駅跨線橋が1つのみなので人の流動が激しいので跨線橋での撮影は難しいかも。


矢向駅_019



矢向駅_018



こういったものを見ると幻想的ですね。


矢向駅_0110



きれいな夕焼け。



尻手駅




矢向駅_0111



尻手駅。ここが南部支線(尻手~浜川崎)の始発駅です。そしてこのタイプの駅名標が「らしさ」を語っているのです。



矢向駅_0112



南部支線のりば。車両止めとゼロキロポストがあるから、起点(折り返し)駅なんですよ。矢向ではないんですよ。だから、先述した矢向駅ののりば案内に「浜川崎方面」がある不思議さがあるのです。ある意味JRさんの親切心なのかもです。


矢向駅_014


新潟からの転属車がやってきました。これも不思議です。車両老朽化等で置き換えたのですが、この方も相当ベテランですよ。新発田から引っ張り込む理由は何でしょうか。(ちなみにですが、新潟・長野で活躍していた0番台と100番台は一昨年引退をしています。)



矢向駅_0115


行先変えて


矢向駅_0116


折り返し


矢向駅_0117


ドアボタン…。相模線のワンマンのドアボタンは終日活躍してますが、このE127系は一部の時間帯のみ活躍してます。なんか微妙ですね。


矢向駅_0118


八丁畷駅で下車をしていろいろと撮影して、京急線に乗り換えました。この乗り換えも好きでしてね、この駅はJRの駅舎がないのですよ。なので南部支線を利用する際は1度京急の入り口に入らないといけないわけです。



HK10000000 (1)

北越急行HK100形

引用元:https://krfj.net/hatenaki/hek/100/4.html




あと、E127系を見るとふとHK100形がふと浮かんできます。結構フォルムが似ていますので…。これはこれえで、高速運転ができたり車内で様々な映像が投影されたりと超個性的です。



ゆめぞら号



上にリンクを貼りましたが、ゆめぞら号というイベント型の列車がありまして、トンネル内で映像を投影されるのです。ほくほく線内はトンネル区間が多い路線ですので、このようなイベント列車ができたそうです。


話しがそれたので、矢向駅と尻手駅についてでした。やっぱ引っかかっているのは矢向駅でしょうかね・・・。また南武線はもともとは砂利鉄でした。そこから紐解きをしないと6両編成からの増結は難しいのです。中原車両基地とかもいろいろ施さんと6両編成のままだと思われます。あと、途中止まりの中で登戸止まりはまだいいのですが(乗換駅なので)稲城長沼止まりはいただけません。池上線の雪が谷大塚止まりのようです。両駅とも車庫がありますから。根岸線の磯子止まりも同様です。少し話しずれますが、京浜東北線の中では上野止まり、赤羽止まり、よりも東十条止まりの方が中途半端感の極みなので好きです。


鉄道ランキング
鉄道ランキング



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

南武線・鶴見線 街と駅の1世紀 [ 生田 誠 ]
価格:1,980円(税込、送料無料) (2024/3/27時点)





南武線をもっとリ知りましょう。
スポンサーサイト



箱根登山鉄道に乗車しました



今日は、箱根登山鉄道で強羅に行ってきました。強羅からケーブルカーなど乗る予定でしたが、風が強く運休になる可能性があるとのことで、あえなくやめることにしました。



箱根 ブログ0 (1)


箱根湯本駅改札口に100型がお出迎え


箱根 ブログ1 (1)


目指すは強羅


箱根 ブログ2 (1)


いざ乗車。2号車の先頭部分に鎮座。運転席が探訪できる代わりに、1号車の乗客と対面になってしまうというポジション。。。
登山電車は2+1両の3両編成で構成。っていうのも日本一高い標高を走行するためこのような編成になっています。



箱根 ブログ3 (1)


3000形に乗車をしました。ちなみに箱根登山鉄道はスイスのレーティッシュ鉄道と姉妹提携をしています。


箱根 ブログ4 (2)



個人的に注目をしたいプラットホーム。小涌谷駅のホーム、簡易的な柵のみで囲んでいるのは問題では!?



箱根 ブログ5 (1)


3000形の先端。


箱根 ブログ6


横幅(強羅駅で撮影)









強羅駅に到着・発車したようすです。



箱根 ブログ7





箱根 ブログ8


こんな感じで連結をしております(強羅駅)


箱根 ブログ9


車両とホームとの間に段差が結構あるんです。


箱根 ブログ10


箱根 ブログ11


もぐらがトレンドマーク、貨物電車モニ1形。メインは資材などの運搬。



箱根 ブログ12


姉妹提携アピールですね!



箱根 ブログ13


強羅から出ているロープーウェイ。地獄谷や早雲山に向かうんですが、時間の都合上断念。こっちも乗りたかった。平日でもこんな賑わい。んでもって約半分が海外の方。インバウンドってすごいね。


箱根 ブログ14


こいつ欲しい(強羅駅)


箱根 ブログ22


強羅駅、駅舎。なんか「きたなぁ」というアドレナリンがそそがれる。


箱根 ブログ18


なんか、気になるものが…。



箱根 ブログ19



箱根 ブログ20


こうしてみると、すごい鉄道会社だとわかります。


箱根 ブログ17



箱根 ブログ15



箱根 ブログ16


時間がないのでちょっとだけぶらぶらしました。んでもって気になったスポット、「NINJA CAFE FUMA」日本=忍者、侍、着物等などそんなイメージがやはりあるんでしょうかね・・・。


箱根 ブログ23


んでもって、帰路です。山岳地帯の信号場。


箱根 ブログ24


これぞ登山鉄道ならではの景色


箱根 ブログ25


そして再び信号場。


箱根 ブログ26


カーブが急なのもポイントの1つでもあります。


箱根 ブログ27


車両止め。目の前の桜があるから見ごたえバツグン


箱根 ブログ28


箱根湯本駅に戻ってきました。強羅までの片道が約45分、結構時間を要しました。まず、小田原に行かないと乗車できないのでそこまで行くのに時間がかかりました。いやはや・・・。



最後に、強羅駅で購入したグッズを紹介します。


ss-88844111.jpg


トートバッグ、人気があって最後の1つでした。まさに天は私を見放さなかった感じです。


0ojh.jpg


新発売のポケット付き、ロルバーンのメモ帳。これは新発売のものだそうです。そして、今治ミニタオルのミニタオル2つみんなおしゃれなんですよ。だから手が伸びて、終いには金欠のになってしまうのですよ。。。




鉄道旅行ランキング
鉄道旅行ランキング









景色バツグン







ジグソーパズルでも景色は楽しめる!







エモさをNゲージで楽しめる!

カラオケでこんな楽曲があった



karaoke (1)


みなさんカラオケというと、みんなで盛り上がって楽しむというイメージがあると思います(ひとカラ除いて)
私、ビッグエコーでこのような楽曲が入っていることに驚き歌ってみた経験があります。
それは、モーターマンです。



モーターマン:軽く注釈を入れておきまおきます。
モーターマンは、1999年にテクノユニットSUPER BELL"Zがリリースしたデビューシングル及びそのシリーズ。電車の車内アナウンスをラップにしたものがメインで様々な路線の楽曲をリリースしています。



私が、今まで(カラオケで)出会った楽曲は以下の3曲。






MOTER MAN(秋葉原~南浦和)





京浜急行VVVF(北品川はなし)





Sensekisen (205kei Mix)


この3曲は確認できました。





個人的要望なのですが、この楽曲も歌えるように出来たらいいなぁと思っています。ちなみにモーターマンとは関係ないです。






この楽曲も好きなので!みんなの前で歌ったら、盛り上がるかドン引きされるかどちらかかもしれません。勇気をもってチャレンジしてみましょう。
と同時に、鉄道カラオケのきっかけ的な存在であったのもふと感じております。

何コレ!?まるで“電車の中”みたいなカラオケルームで一人鉄道カラオケしてみた



鉄道ランキング
鉄道ランキング

お気に入り品(第2部)


前回お気に入りの品として鉄道グッズなどを紹介しました。今回は紹介したい記念乗車券がありますので、それを記事にしたいと思います。



記念乗車券-08


こちらになります。

現在の中央快速線です。国に買収される前の時代の記念切符です。


記念乗車券-09


背面には国鉄のマーク


記念乗車券-07


見開きイメージ。ドル箱の鉄道会社ということのようですね。





記念乗車券-01


記念乗車券-03


切符は小児と大人とで別れて購入できました。小児60円、大人120円は懐かしき運賃という感じがしますよね。



記念乗車券-01


記念乗車券-02

各乗車券に車両の解説がついています。まずはこちらから。


記念乗車券-03


記念乗車券-04


記念乗車券-10


記念乗車券-11


記念乗車券-12


記念乗車券-13


記念乗車券-14


記念乗車券-15


一応小児用と大人用のものがあります。裏面の内容は同じです。これだけは別枠で記事にしたかったわけです。




おまけ的な意味でこんな硬券も所持しています。


記念乗車券-05


記念乗車券-06


こちらは譲っていただいた代物なのですが、仏閣とコラボした硬券です。昭和60年の元旦の記念きっぷですね。こちらも小児ありです。

とりあえず、今回は別枠で甲州鉄道の記念切符を中心にお気に入り品を(乗車券)紹介としました。まだありますので、続けていきたいと思います。では失礼します。

鉄道ランキング
鉄道ランキング

お気に入り品(第1部)


こんにちは!今回は私の今までかき集めた鉄道グッズを紹介したいと思います。ただ、かなり多いので、何回か分けて投稿したいと思います。乗車券類(こちらも何回かわけての投稿です)とグッズ系の2つに大きく分けたいと思います。

乗車券類(その1)





① ひたちなか海浜鉄道 応援券


おたから_ブログ



こちらは比較的最近入手したもので、応援券をかき集めてったら応援団員証をいただきました。ってなわけで私、湊線の応援団員ということになっております。


② 営業最終日の東横線高島町駅・桜木町駅乗車券


おたから_ブログ2


東横線の高島町・桜木町の営業最終日の乗車券は、人がすごくて乗車券を購入することがやっとでした。1つの時代に幕を下ろすという意味でも人がすごいんですが、本当は記念の硬券も欲しかったんですが、即完売ということで諦めました。

③ オレンジカード(山陽新幹線)


おたから_ブログ5


これは、確か小学生の頃購入したもの。いまはもうオレンジカードがない。1000円のものですが、もう少しかき集めておけばよかった…。まだ小さかったですし、親にダメなんて言われるのは目に見えてました(笑)


④ 自由が丘駅77周年記念切符


おたから_ブログ7


表面


おたから_ブログ8





おたから_ブログ9


いまや懐かしき、パスネットの記念乗車券。2種ありましたので、両方とも購入しました。そんな自由が丘駅も今は再開発中で近くに巨大なイオンモールを作ったり、大井町線の踏切解消、東横線の線路引き上げなど様々な工事がされています。もうまもなく終わるそうなので、新しい自由が丘駅に期待が高まります。



⑤ 東京急行電鉄 五反田駅発行 来駅記念入場券


おたから_ブログ10


平成17年3月に東京急行電鉄の五反田駅で発行された、来駅記念入場券白色無地紋のD型大人専用券。保存状態はシミがあってよくないです。


⑥ 千曲川陸橋建設75周年記念乗車券


おたから_ブログ11


こちらは東急傘下の上田交通の記念乗車券です。長野に行った際に見つけたのですが、硬券っていいですね。販売したら速攻購入で…。



おたから_ブログ12


こんな感じの硬券です。素晴らしいデザインで、おぉ!って思いました。



グッズ(その1)


次にグッズを観てもらおうと思います。


① 鉄道開通100周年記念プレート


おたから_ブログ1


頂きものですが、この状態でいただきました。へこみがあります。頂きものなので、文句なんて言えませんよね。



② レール(断片)



おたから_ブログ6


こちらは新島々駅(ルピコ交通上高地線の終着駅)で、これが欲しくて長野に行ってまいりました。先ほどの上田交通の硬券も目的の1つでしたが、こちらも欲しかったのです。ずっしりと重たいので帰りは苦労しました。


③ 啓発ファイル


おたから_14 (1)


日本民営鉄道協会の迷惑行為の啓発のクリアファイルです。B5判のもので鉄道の日のイベントで入手しました。ナイ、ナイ、ナイの3連発で構成されています。



その他(ネガ)

おたから_ブログ4


昔子供の頃に撮影したもので、まだマシなものです。正直全然ブレまくっているものもあるので、センスはないです。。。
私は、電車というより気動車派なので男鹿線(キハ40系)と秋田内陸縦貫鉄道(AN-8800形)(確かこの時は阿仁合行)⇚こう書いて「あにあい」と呼びます。熊鍋が食べられますよ!(急行もりよしは撮ってないんですね。)
そして、鶴見線(103系)です。205に置き換えられ、その205系もE131系に置き換えなんで・・・なんかここ最近鶴見線の車両置き換えが早えなぁというのが印象です。103系の時は行先によって方向幕の色も違ってましたので、そこも楽しみの1つでした。



まぁこんなところでしょうか。今回はお気に入りの品を1部紹介しました。まだありますので、投稿をしたいと思います。
では!


鉄道ランキング
鉄道ランキング

売れ筋!プラレール

まんきつ

プロフィール

WΔlKM∀N

Author:WΔlKM∀N
趣味である、鉄道・バスでの旅ルートから歴史,WWEやWWEにまつわるスマホゲーム、洋楽情報などを紹介しております。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

今年のレッスルマニア Apr 11, 2024
生麦エリアの仏閣の散策をしてました。 Apr 05, 2024
神奈川新町エリアの仏閣の散策をしてました。 Apr 03, 2024
矢向・尻手駅に行ってみた。 Mar 27, 2024
祝日だったので、仏閣巡りをしました。 Mar 20, 2024

切手などのコレクションに!

管理人おすすめサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR