あ!マルタイだ。 - 鉄道とバスの旅・歴史のブログ

あ!マルタイだ。


横浜線小机駅でマルチプルタイタンパー(通称マルタイ)を見つけたので早速下車をして撮影しました。



マルタイ_3 (1)



マルタイ_02 (1)



東鉄のマルタイです。東神奈川駅にも鎮座してますね!



マルタイ_01 (1)


バラストレギュレータも奥にありましたので、撮影しました。小机駅に車両置き場があるので、なくてもおかしくはないんですがね。意識してないと見逃してしまうところがよくありますので。。。



まるたい06 (1)


今日撮影したマルタイの構造はこうなっているそうです。

https://www.totetsu.co.jp/service/senro/tech/tech_03.html

抜粋:東鉄WEBページより



そうだ、東鉄の保線車両情報が結構面白かったので、リンクに貼っておきますね。


マルチプルタイタンパ(MTT)による軌道整備




用語:マルタイとは!?

マルチプルタイタンパー(マルタイ)は、鉄道の保線用機械の一種で、一般の鉄道車両と同様に、レール上を自走できまるけど、“通常は車籍を有しない機械扱い”であり、作業を行う際には線路閉鎖が行われる。

線路(レール/枕木/砂利)の列車走行に伴うレールのゆがみを矯正することがメインの目的。バラスト軌道の場合、列車の走行により枕木が沈降し、レールがわずかにゆがむことがある。このゆがみは列車の乗り心地を悪化させ、高速走行を阻害する原因となり、定期的なメンテナンス(保線)が必要。
そのためマルチプルタイタンパーは、つるはし(ビタ、ビーター)やタイタンパーで行っていた保線作業を効率的に行うために導入された。最新の機械では、機械操作に2人から3人、その他監視等に1人から2人で作業でき、一般軌道では100メートルを10分から15分程度でつき固めることができるとのこと。
マルチプルタイタンパーは、レールを掴んでミリ単位で持ち上げ、枕木下に隙間を設け、ツール(爪のような部分)で砂利を突き固め、枕木下に砕石を入れて予定の高さに線路を直す機能を持っていて、ペダル操作により自走できるため作業もスムーズに行えまるそう。最近では、邪魔にならない形状のATS地上子が増えており、突き固めたときに飛び散るバラストから地上子を保護するカバーも設置されている。




鉄道ランキング
鉄道ランキング






縁の下の力持ち、裏で頑張っている車両を学んでみよう







マルタイを走らせてみよう

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

売れ筋!プラレール

まんきつ

プロフィール

WΔlKM∀N

Author:WΔlKM∀N
趣味である、鉄道・バスでの旅ルートから歴史,WWEやWWEにまつわるスマホゲーム、洋楽情報などを紹介しております。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

今年のレッスルマニア Apr 11, 2024
生麦エリアの仏閣の散策をしてました。 Apr 05, 2024
神奈川新町エリアの仏閣の散策をしてました。 Apr 03, 2024
矢向・尻手駅に行ってみた。 Mar 27, 2024
祝日だったので、仏閣巡りをしました。 Mar 20, 2024

切手などのコレクションに!

管理人おすすめサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR