電車バス  - 鉄道とバスの旅・歴史のブログ

みなとみらい地区の散策とそこで小さなバス停を発見

赤い靴

今日は桜木町駅のバスターミナルとみなとみらい地区の散策を行いました。というのも、横浜駅の隣の駅なのですがそこでしか乗れないバスがあるのです。その代表格的バスがこの「あかいくつ」という循環型の観光路線です。おそらく聞いた方もいるのではないでしょうか。

市営バス エルガ 横

こちらはたまたま市営バスのエルガが回想として停まっていたので撮影しました。

神奈中エアロスター

こちらもですね。こちらの系統は戸塚駅東口と横浜駅東口バスターミナルを結んでいる路線です。こちらは桜木町でしか観られるものではないと思います。

富士急エクスプレス 前

そして、フジエクスプレスがいたんですよ!

富士キューエクスプレス

もちろん、横からも。この路線は桜木町〜伊勢崎長者町〜三渓園〜本牧へと運行している路線で、桜木町でしか見ることのできない路線なんですよ。少し移動して、伊勢崎長者町へ移動するしかとか・・・。レア度は結構あると思います。

https://www.navitime.co.jp/bus/company/00001034/route/00009519/

こちらはこの系統の運行している区間です

ふじ急

こちらは確認不足なのですが、こちらもフジエクスプレスの車両でいいのでしょうか。わかるかた、コメントをいただけるとありがたいです。フジエクスプレス:わかると思いますが、あの富士急ハイランドの親会社にあたる富士急行線のバス路線です。こちらは「横浜タウンバス」ということで、富士急行線が親会社のバス路線は意外と首都圏に走っています。

小さなバス停

んで、今回1番紹介したいのはこれです。元町・中華街駅の1番出口をでて右側にこんな小さなバス停があったんですwww歩道だから車の接触とかは考えられないし・・・なぜ小さいのか!?

小さなバス停 時刻表

しかも本数は平日の2日本のみ。しかも朝の7時台2本。このダイヤ設定で大丈夫かなぁなんて一瞬思いました。停留所は見た感じ観光地が多い感じなので、平日には・・・。なんて感じます。果たして、これ従業員向けなのかなとふと思いました。


バスランキング



あかいくつをチョロQで走らせてみよう



東急東横線を使わずにバスのみで始発駅から終着駅までの移動は可能か!?

東横線 5000系

5000系の8両編成タイプ

久々に路線(電車)を使わずにバスのみで移動出来るかという企画をやりたいと思います。
今回は東急東横線をバスでの移動で行けるのかというものです。では初めから結論を、行けます。今回は東横線ということで、横浜から渋谷までの区間の記載にします。みなとみらい線や副都心線・西武線はまた次の回などで行いたいと思います。とりあえず、前回が昨年の10月ということで、約4ヶ月ぶりとなります。では早速本題です。<あくまで路線が不通になった際などの参考程度で見てくださいね>行き方ですが、以下に路線図を用意しました。

東横線 路線図

こんな感じです。ここでキーポイントとなる駅は日吉駅、川崎駅、武蔵小杉駅、二子玉川駅です。

ルートの紹介ざっくりします。

横浜駅→綱島駅→日吉駅→江川町→川崎駅→武蔵小杉駅→(多摩川駅)→二子玉川駅→渋谷駅という感じで向かいます。
または横浜駅→綱島駅→川崎駅そこから先は上部ルートと同じです。

まずは上部ルート、ルート1の詳細な行き方です。
横浜駅(西口)→<横浜市営バス59系統※1時間に1本程度です>→綱島駅→<東急バス日93系統>→江川町<ここから歩いて移動>→臨港バス、川崎市営バスの江川町バス停へ<川崎市営バス川67系統、または臨港バス川55系統>→武蔵小杉駅<東口へ移動>→<東急バス玉11系統※本数が少ないので注意>→<多摩川駅経由※多摩川駅始発の玉11系統のバスは本数は沢山あります>二子玉川駅→<渋12系統>→渋谷駅

下部ルートのルート2は綱島駅→<臨港バス川51系統>→川崎駅→<臨港バス川54・川55系統>→武蔵小杉駅そこから先はルート1と同じなので割愛します。

ではルート1のバスの時刻表です

横浜駅西口→綱島駅
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00042735/00025259/1/
綱島駅→江川町
https://transfer.navitime.biz/tokyubus/pc/extif/DiagramIF?busstopCode=1765101&routeCode=737301&poleCode=06
<東急バス 江川町から臨港、川崎市営バス 江川町までの移動経路>

https://oopswalkman.com/blog-entry-95.html

以前、ブログで紹介しましたのでごらんください。

東急バス 江川町

基本的には道なりにまっすぐ進みます。バス停からみると右側。車がうつっている方向へ進んでください。

江川町までの道のり1

しばらく歩くとT字路になりますのですき家か出光方向へ進んでください

市営バス 臨港バス 江川町

このような停留所に差し掛かると思います(乗車する方向と反対側)

画像は反対側ですが、この停留所から武蔵小杉行きのバスに乗車します。

江川町→武蔵小杉駅(臨港バスのものを記載)

https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00052876/00015846/0/

武蔵小杉駅→(東口)→二子玉川駅※本数が少ないので注意

https://transfer.navitime.biz/tokyubus/pc/diagram/BusDiagram?orvCode=00240816&course=0004602623&stopNo=1

※多摩川駅始発の二子玉川駅行き

https://transfer.navitime.biz/tokyubus/pc/diagram/BusDiagram?orvCode=00240297&course=0004602603&stopNo=1&date=2021-02-15

二子玉川駅→渋谷駅

https://transfer.navitime.biz/tokyubus/pc/diagram/BusDiagram?orvCode=00240072&course=0004600706&stopNo=1&date=2021-02-15

途中で枝分かれをする、ルート2の時刻表

綱島駅→川崎駅

https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00019142/00015882/0/

川崎駅→武蔵小杉駅(江川町から乗車するバスと同じ系統のバスです)

https://www.jorudan.co.jp/bus/rosen/timetable/%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E9%A7%85%E8%A5%BF%E5%8F%A3%E3%80%94%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E9%B6%B4%E8%A6%8B%E8%87%A8%E6%B8%AF%E3%83%90%E3%82%B9%E3%80%95/%E5%B7%9D%EF%BC%95%EF%BC%95%EF%BC%9A%E5%B0%8F%E6%9D%89%E9%A7%85%E8%A1%8C/

※こちらから先はルート1と同じコースを辿るため、割愛

以上です。このような行き方をすれば東横線の横浜〜渋谷まで路線バスでの移動が可能です。では次回はどの路線にしようか考え中ですので、それまで楽しみに待っててくださいね!

東横線 9000系

ちなみに、9000系好きだったんですけどね。発車時のモーター音とか・・・なくなってしまうと寂しいものです。

ついでに今までのバス移動で路線の始発→終着駅まで路線バスの移動方法を記載します。

<初回、横浜線編>
https://oopswalkman.com/blog-entry-16.html

<第2回、横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンライン編>
https://oopswalkman.com/blog-entry-42.html

<第3回、相模線編>
https://oopswalkman.com/blog-entry-43.html

<第4回、相鉄本線・いずみ野線編>
https://oopswalkman.com/blog-entry-48.html

<第5回、京浜東北・根岸線編>
https://oopswalkman.com/blog-entry-72.html


バスランキング


鉄道ランキング







こちらは、今回乗車するバス路線のバスコレです

村岡新駅建設の目的

鉄道系で一番知られているユーチューバーのスーツ氏が東海道線の新駅の村岡新駅(仮称)の建設予定地に行き、解説している動画がありましたので、記載させていただきました。




鉄道ランキング



将来、一駅加わります



将来、停車します

シーサイドライン、金沢八景駅の延伸工事完了

シーサイドラインの金沢八景駅が2月14日に複線化する(予定)この計画自体は直結工事は1989(平成元)年の開業以来、150mの駅舎の延伸が2018年度末に完了。そして金沢八景の駅はこの時点では実に32年ごしで完了した。延伸後は下図のように黒線の区間まで単線の状態で、2月14日に複線化をして延伸工事は完了となる。

金沢八景 複線化 シーサイドライン

これを記念にシーサイドラインは「幸福きっぷ」という記念の硬券を販売を発表。14日の硬券先行販売時刻は14時~17時、金沢八景駅特設ブースで販売。先着200セットにはバレンタインプレゼントとして、ポッキーもセットとなる。一般発売は限定500セットで15日初電から、新杉田駅・並木中央駅・金沢八景駅とインターネット発売。

記念 硬券

硬券の区間は「金沢八景〜福浦」、「金沢八景〜幸浦」の2区間。ただし、記念硬券のため乗車券としての利用はできない。福浦、幸浦というと釣りの名所というイメージがあるかもしれない。ただ、2019年に台風で堤防が決壊して今年の1月まで復旧工事をしていて、現在は釣りができる状態だという。詳しくは以下のWebサイトに記載されている。

https://tsuri-blog.net/fukuura-kouji/

http://www.otodokeikyu-sc.com

↑こちらは先行販売の2月15日(月)10時~販売される。インターネット発売のサイト。数に限りがあるので要注意。

シーサイドライン

ここからは工事完了に至るまでシーサイドラインの金沢八景駅はどうなっていたのか、簡単に振り返ってみる。まず、現在のシーサイドラインの金沢八景駅は京急線と直結しているが、ホームは単線という状態。2018年の延伸工事前は京急線の金沢八景駅を出て国道16号線を抜けないと駅に行くことはできなかった。

計画から30年 金沢八景 シーサイドライン

ちなみにこちらが延伸前(旧金沢八景駅)の駅前。16号線は幹線道路なので、長い時間信号待ちが発生していた。信号待ちで1本逃すというのも珍しくなかった。これにて金沢八景駅の難所エリアが完全に解消されたのである。


鉄道ランキング



前面展望、気持ちがいいですよ。

東海道線に新駅

新駅2

東海道線、大船〜藤沢間にこの度新駅が設立されると8日に発表されました。名称は「村岡新駅」(仮称)で新駅の事業費の概算は約150億円で、内訳は建設費133億円、駅設置に伴うシステム改修費11億円とのこと。費用負担は、神奈川県30.0%、藤沢市27.5%、鎌倉市27.5%、JR東日本15.0%となります。大船駅~藤沢駅間の現在の営業キロは4.6キロですが、新駅は大船駅から約2.6キロの地点に設立を予定です。2032年に開業を予定してます。この新駅を軸に地域の再開発を計画するとのことです。これは開業が楽しみ!みた感じ、島式ホームですな。

新駅1

新駅及び再開発予定区域


鉄道ランキング



私は東海道線に関してE233系派です



御殿場線、東海道線の旧ルートでした