言語 - 鉄道とバスの旅・歴史のブログ

てめぇという言葉はどこから来ているかご存知でしょうか?

今、「てめぇ」という言葉は喧嘩言葉や相手に言ってしまうとかなり失礼な言葉な言葉になってしまいますが、大元は京言葉の「おてまえさん」(お手前さん)という言葉から由来されています。
この「おてまえさん」は主に芸者さんが、お客さんに対して使用する言葉で、「あなたさん」という言葉からきています。
「てまえ」だけだと1人称、自分のことを意味します。なのでこの1人称、「てまえ」に「さん」をくっつけることによって「てまえさん」と言う2人称の言葉が成立するわけです。芸者さんということでお客さんに対して接するとことから「お」を丁寧語として入れていると言うことです。本来は汚い言葉ではなかったのです。
それが時代の移り変わりによって、「てまえ」から「てめぇ」というという風に言葉が変化をし、その言葉自も2人称へと変化しました。



↑        ↑                        

記者さん、アナウンサーさんがどういう言葉を使うべきか記されたガイドブックです。正しく正確に伝えるための必須アイテムです。



「てめぇ何やっているんだ」っていう言葉は「俺、何やっているんだ」っていう意味ではく、「お前、何やっているんだ」っていう感じの意味ですからね現在は。こうみてみると、言葉の変化というのは、意味合いすら変化していくものです。「言葉は生き物」と聞きますがこの例もまさしくその通り。変化したものの一つです。とりあえず、今この言葉は使用してしまうとトラブルになりかねないので使用は控えた方がいいでしょう。
スポンサーサイト



(そもそも)「頑張る」とは!?(もともとの由来とその意味について)


https://news.yahoo.co.jp/articles/9e2c332a188335f2a8ddcd67eb13032339313f93

このCMよくみてましたが、「頑張る」の大元の意味って以前あまりいい意味ではないって話を耳にしたことがあるので調べ直しましたら、以下我を張るから転じて自分の意見を押し通す。無理をするといった意味合いだったそうです。意見を押し通す→自己中心的には言い過ぎですが「意見を押し通す」となると無理やり感が出てきます・・・。

こちらで先ほどのCMのフレーズ「がんばるな、ニッポン。」を直訳すると「自分の意見を押し通すな、ニッポン。」となってしまいます。↓

https://ameblo.jp/englishikebukuro/entry-12238057416.html
こちらから抜粋

https://toyokeizai.net/articles/-/5583
こちらから抜粋


こちらのWEBページからは「頑張るということは、実は自己中心的になるということ」、「自分の利益を優先させることが頑張る」と記載されていました。『「あの人、頑張ってはるなぁ」』というのは、軽蔑の意味を込めて言われたものです。とも記載されていました。

こちらを直訳すると「自己中心的になるなニッポン。」と喝を入れている感が出てしまいます…。逆にスポーツの国際戦などで耳にする「頑張れ、ニッポン!」というフレーズも、こちらの意味で直訳すると「自己中心的になれ、ニッポン!」となってしまいます。

決して今はそういう意味ではないですし、努力するという意味合いがあります。(言葉は生き物で)当時と今とではほぼ意味会いが逆転してます。言葉はそういう意味でも面白いものです。また推測ですが、何十年、何百年と時を経るとこの「頑張れ」という言葉の意味が変化したり、消滅することもあるかなぁとも感じます。



記者さん、アナウンサーさんがどういう言葉を使うべきか記されたガイドブックです。正しく正確に伝えるための必須アイテムです。

業界用語について


まずはこちらの動画(結構前の動画ですが)をご覧ください。



電話での内容をそのまま文字に起こしてみます。

「あ、もしもし。あぁ俺さぁ、てっぺん頃になりそうだからさぁ、(うぅん。)それまでにバラしといて。(うん、うぅん)、(え、え)それ作家誰だよ、作家。(え)(あー、あぁ、あーあぁ)わかった、わかった。あとでシータクで行くから。(そうそう、そうそう)おしてっからさぁマキでな、マキで。(うん、おーおぉ、おーおぁ、おーおぉ。)バーターだろ、バーター。(あぁん)そんなもんさぁ、バミっとけよ。とりあえずギャラツェーマン、とっぱらいでいいからさぁ。(うぅん、あ)グロスでな。(ふん。ふん。)(あー、わかった。わかった。)あぁ俺さぁ、このあとアッコさんに呼ばれてるんだよ。(ふん。)そういうことだから。(うん。)じゃぁねはいー。」

とりあえず、業界用語部分を文字を変えてみました。アッコさんも入れて12個になります。では業界用語をひとつずつ訳していきましょう。

てっぺん:深夜12時(0時)のことを指します。1日の始まりとして、山の頂上を表現しています。逆に正午の12時のことはヒルイチと呼び、14時くらいまでのことを指します。意外とあいまいですね。

バラす:もともとの意味としては分解するという意味ですが、それが派生してキャンセルする、機材などを片付けることも意味します。恐らくこの電話の内容は後者の片付ける方だと思います。拡大解釈すると、収録などを終えて、音声機材などを片付けておくといった感じでしょうか。

作家:これは(予想がつくと思いますが)放送作家のことです。

シータク:はい。タクシーのことです。テレビ業界などの用語は言葉を反対にしていることがよくあります。その代表格的なものがタクシーです。主にバブル期に誕生した用語です。他にも六本木をギロッポン、お寿司をシースー、ちっちゃいをチャイチーという感じに文字を逆転している用語は結構あります。

おしてる(おす):予定していた時間までに内容を進めるべきだったが、まだ終わっていない状態でテレビ業界以外にも仕事場でも納期が迫っているという場合にも使われるのでご存じの方は多いはずです。

マキ:急ぐという意味で、よくテレビ番組でも使われているので、こちらもわかる人が多いと思います。

バーター:束(たば)から派生して、知名度の高くない芸能人などを同じ事務所の名の売れている芸能人と一緒に出演させるとことです。セットで出演させるということです。

バミる:出演者の立ち位置などをテープで貼ること。貼るから派生してバミるとなっており、テレビ以外にも舞台や演劇などにも使われます。

ギャラ:出演料のことです。こちらも一般化しましたね。

ツェーマン:1万円です。ドレミファソラシド(コード)、をイタリア語読みをしていて、ド(C)の部分をツェーと呼び、2万円をレ(D)⇒デーマン、3万円をミ(E)⇒イーマン、4万円をファ(F)⇒エフマン、5万円をジー(G)⇒ゲーマン、6万円をエー(A)⇒エーマン、7万円をエイチ(H)⇒ハーマン、8万円はこれ以上は音名がありませんので、オクターブ(オクタ)。9万円はナイン(ここだけなぜか英語)と続いていきます。

とっぱらい:現金などを直接支払うことです。要は手渡しということです。

グロス:総体の・全体の、と言った意味の英語「gross(グロス)」をカタカナにしたものを指します。こちらでは電話の内容を鑑みて、出演料、交通費をまとめてという意味でしょう。

アッコさん:正真正銘、和田アキ子さんですね。「アッコにおまかせ!」からもわかるように。

では、電話内容をすべて訳してみましょう。

「あ、もしもし。あぁ俺さぁ、0時頃になりそうだからさぁ、(うぅん。)それまでに片付けといて。(うん、うぅん)、(え、え)それ放送作家誰だよ、放送作家。(え)(あー、あぁ、あーあぁ)わかった、わかった。あとでタクシーで行くから。(そうそう、そうそう)遅れてっからさぁ、急いでな、急いで。(うん、おーおぉ、おーおぁ、おーおぉ。)一緒に出演させる芸能人だろ、一緒に出演させる。(あぁん)そんなもんさぁ、(養生テープなどで)貼っとけよ。とりあえず出演料は1万円で、手渡しでいいからさぁ。(うぅん、あ)まとめてな。(ふん。ふん。)(あー、わかった。わかった。)あぁ俺さぁ、このあと和田アキ子さんに呼ばれてるんだよ。(ふん。)そういうことだから。(うん。)じゃぁねはいー。」

ってな感じでしょうか(笑)業界用語は一部では一般用語化していますが、わからないものはわからないですね。その業界の人でいない限り使わない言葉もありますし・・・。少しでも参考になればいいと思います。

「はい、はい」とは

あなたがもし、職場で上司から注意を受けたとします。その際に返事は「はい」といった言葉が適切であると思いますが、それをもし「はい、はい」と2回続けて発したとしたら上司はイラつくか、または起こると思います。それはなぜか?相手側からすれば「流されているのか。」「人の話を聞いているのか。」といった不安な心から怒りへと転換されるのです。また同等の立場の人かその下の立場の人からそれをされてしまえば、火に油を注ぐようなものです。あとこの「はい、はい」と同じような効果があるとされていることは「はい」と言ってからしばらく間を置いて「はい」と、返事をします。話の途中で「はい」と言うことがポイントです。あと話の頭から「はい」という言葉を連続して発する。コレも有効的かもしれませんが、相手にされなくなる可能性があります。それと話の頭からから「いや」とか「いいえ」といったいった否定的な言葉を連ねていくことで相手を怒らせることもできます。コレは相手は話に対して「賛同」や「肯定」して欲しいというから話をしているので、それをずっと連続して否定するとやはり怒るのです。かといって全てに理由もなく「賛同」していると、「この人話を聞いているのか」という不安心がきて怒りへと転換されますのでコレらをうまく使う必要があります。 
結局のところ「はい」がこの場合1番有効的なんですけどね😅