WWE - 鉄道とバスの旅・歴史のブログ

サージカルマスクが注目され始めたのでどうなっていくでしょうか。

※今回の内容は商品を批判しているという内容ではないので、この記事を見て気に障りましたら申し訳ありません。

まずWWEが日本限定で布マスクを販売しています。しかし、今週の頭あたりからメディアなどでマスクの飛沫実験映像で「サージカルマスク」がウレタン製、布に比べて飛沫をしないということが報道されているので<日本限定販売>となるとどうなんでしょう。いわゆる
「マスク警察」の「サージカルマスク警察」の様に注意される可能性があるので個人的には<日本限定>よりも世界に向けての方がいいような気がします。ファッション面やコレクターとしてはいいと思います。

rogomasuku

WWEのロゴマスク

nwo

nWo(ニュー・ワールド・オーダー)のマスク

nakamura masuku

中邑真輔のマスク(2タイプあり)

asuka masuku

ASUKAのマスク

3 18 の男

ストーンコールド・スティーブ・オースティンのマスク

これらのマスクはWWEの公式ショップで購入が可能です。

https://wwejapanshop.jp/

公式ショップでPayPayが利用可能になったのは嬉しい限りです。


プロレスランキング

スポンサーサイト



今年の TLC ブレイ・ワイアット(ザ・フィーンド) VS ランディ・オートン

別記しますと予告した昨日のTLCマッチで一番印象に残っている、ブレイ・ワイアット(ザ・フィーンド) VS ランディ・オートンの試合を振り返ってみましょうか。見た目はTLCの様にラダーやテーブルというのを使うのかな!?なんて思ったら違ってました。

前回の「今年のTLCで驚いたこと」はこちらから

https://oopswalkman.com/blog-entry-105.html

今年の TLC フィーンド オートン 14

もっとも危ないものでした。

今年の TLC フィーンド オートン 0

まずレフェリーがいない。普通の「試合」ではない
というより、相手をもやしたら勝利というルールなのでやっぱり試合としては成立してるんですね

今年の TLC フィーンド オートン 1

無観客試合」を逆手にとって周囲に火柱が・・・火柱っていうレベルではないですねまだKANEのほうを「火柱」っていいますね。これは火災レベルですね・・・。

今年の TLC フィーンド オートン 2

ベルトに~火をつけて~(でも、かわされます)

今年の TLC フィーンド オートン 3

TLCということで、次は椅子に~ガソリンをかけて~

今年の TLC フィーンド オートン 4

だらだらかけて~

2020 tlc 1

オートンを座らせて~

今年の TLC フィーンド オートン 5

はい点火

2020 tlc2

逃げ切ります(そりゃそうだ)。というより、ここまで座っていたオートンもすごい!

今年の TLC フィーンド オートン 6

ザ・フィーンド、こんどはオートンに火あぶりにしようとします

今年の TLC フィーンド オートン 7

しかし、オートンにかわされザ・フィーンドが火あぶりに・・・。

今年の TLC フィーンド オートン8

完全に燃えてますね・・・えーっと防火対策はしていますよね・・・。 

今年の TLC フィーンド オートン 9

オートンはリングに上がらせて、RKOをくらわし仰向けにさせます。ってか燃えている状態でRKOもなかなか凄いんですが。
そしてガソリンをどろどろ。

今年の TLC フィーンド オートン 10

マッチに火をつけ

今年の TLC フィーンド オートン 11

今度は点火と同時に周囲に火柱レベルではないほどの炎が・・・。

今年の TLC フィーンド オートン 12

もうすごい状態ですね。演出はオートン⇒炎なのか、それともフィーンド⇒炎なのか・・・。まぁ恐らくオートンかなぁなんて感じるところもあります。

raw オートン フィーンド 0

先週のRAWで棺桶に入れて燃やしましたからね、毒蛇さん(笑)

今年の TLC フィーンド オートン 13

フィーンドは燃えちゃいました。これ・・・勝敗は!?
フィーンドがの燃えてしまったので、オートンが勝利という感じでですね。

今年の TLC フィーンド オートン 15

ワイアットファミリーにいたときに、油断している間にブレイ・ワイアットの家を燃やされちゃいましたからね・・・。
結構恨みはあるのでしょう。TLCのもう1つのメインですね。


プロレスランキング



今回死闘を広げた、毒蛇オートンのフィギュア
毒蛇とクリスマス!



LET ME IN 飾ってみてはどうでしょうか



今年のTLCで驚いたこと

 今年のTLCは結構サプライズが多かったですね!一応TLCとはWWEが12月に行うPPVで、T(テーブル)、L(ラダー←三脚)、C(チェアー)を使って天井に吊りさっがている、チャンピオンベルトを取れば勝利!というPPVです。毎年3人参加の三つ巴状態で、スタートなのですが、今年のカードは・・・RawSmackDownの両ブランド共に2人のカードしかないんですね!これは何かあるぞ・・・そう思ったら、ありました!

今年のTLCのカード一覧

https://wwe.co.jp/news-20201218-vol1/
(WWE日本公式サイトより)

まず、サプライズポイント①←いつもと違う

TLCは三つ巴の戦いのはず・・・なのに。まず今年のTLCのカードを公式サイトで見てみましょう。
タッグマッチ戦を除いて全て2対2ですね!毎回TLC3人で行うものなので今年は思考を変えての戦いなのかな!?なんて思いますね。

サプライズポイント②←いつもと違う

女子TLCマッチがない。カードを見る限りありません・・・あれ!?

では振り返っていきましょう。

●まずマッキンタイアVSAJスタイルズ

今年のTLC2

試合途中にミズとモリソンがやってきて、オーティスから奪い取ったメネーインザバンクをキャッシュイン!やはり3つ巴戦になりましたね!<サプライズポイント③>

今年のTLC3

キャッシュインの甲斐なく、マッキンタイアがベルトをキャッチ!防衛です。

●次にニューデイVSハートビジネス

今年のTLC5

セドリック・アレキサンダーが見事カバーしてタッグチームの新王者に!というよりアメリカではニューデイ結構人気あるのに今回もニューデイかなと思っていた私は、「あ・・・勝っちゃった・・・。」感がありました。個人的に205の時からセドリック・アレキサンダー好きだからいいんですけどね!<サプライズポイント④>

今年のTLC6

一応リーダーのM.V.P.もやってきて万歳状態に

今年のTLC7

待ってましたー!かのようにボビー・ラシュリーも登場<コレ、抗争が続くでしょうな>

今年のTLC8

アスカとパートナーが当日までシークレット状態は気になるポイントですね

今年のTLC9

あ・・・これは・・・<サプライズポイント⑤>

今年のTLC10

やってきました!シャーロット・フレアです!!アレ?この2人以前レッスルマニアなどで戦ったような・・・言及はやめましょうか。約半年ぶりの復活だそうです

今年のTLC 11

もう父ちゃんフレアが試合鑑賞をしている時点で勝利確定ルートでしょう

今年のTLC24

やはり!シャーロット・フレアがシェイナ・ベイズラーを押さえ込み勝利!

今年のTLC25

抱擁、タッグチームで勝ちましたからね!

今年のTLC26

タッグチームの新王者誕生です!

今年のTLC12

続いてスマックダウンのTLCマッチ。こちらも1対1ですね

今年のTLC13

ポール・ヘイマンがくっついている時点で察しがついてしまいます

今年のTLC14

試合開始、数分後にジミー・ウーソがやってきます、やはり3人で戦うんだな<サプライズポイント⑥>

今年のTLC15

がしかし、ケヴィン・オーエンスの攻撃をくらい

今年のTLC16

ジミー・ウーソ退場

今年のTLC17

その後にレインズが椅子を用意。よいしょ。

今年のTLC18

そして、オーエンズにジャーマン!

今年のTLC20

オーエンズがベルトを獲得なるか、という時に

今年のTLC19

ジミー・ウーソが再び妨害へ(ウーソはレインズに一切攻撃などをしていないので事実上2対1で不利な状態になっています。頑張れケビン・オーエンズ状態ですね。)

今年のTLC22

しかしながら、その甲斐なくレインズがベルトをゲット!防衛成功ですが、なかなかのブーイングでした
まぁブーイングよりもっと寂しいのは登場しても無反応状態ですかね(汗)

その後のフィーンド、ブレイ・ワイアット対ランディ・オートン戦はまた別記したいと思います。

ブレイ・ワイアット対ランディ・オートン戦のサプライズはこちらから

https://oopswalkman.com/blog-entry-106.html


プロレスランキング



参考に!昨年のTLCマッチです。三つ巴戦ですね



WWF,WCWから生まれたグループnWo(ニュー・ワールド・オーダー)ブランドにまで発展して、まさかののれんまで販売するとはすごいっす!nWo

WWE今年のサマースラムについて

サマースラム2020 1

画像はhttps://wwe.co.jp/news-20200820-vol1/
より抜粋

今年のWWEサマースラムはビックカードが多かったですね。そしてコロナ禍ということでサンダードーム導入後のはじめてのPPVとなりましたし。わたしもサンダードームを初めてみて、こういう形で観客と選手が対面できるということで、選手のボルテージも上がると思いました。リモートの使い方次第ですね。

https://www.tokyoheadline.com/510718/
サンダードームについてはこちらをご覧ください。

サマースラム2020 2

スマックダウン王者 ベイリー対アスカのスマックダウン女子王座戦

サマースラム2020 3

そして、ロウ王者 サシャ・バンクス対アスカのロウ女子王座戦という1回のPPVで2回の試合をするというアスカ選手の過酷なカード。

サマースラム2020 4

WWE王者 ドリュー・マッキンタイア対 ランディ・オートンのWWE王座戦。レジェンドキラー、のランディ・オートン自体がもうレジェンドになってきているんではないのでしょうか(笑)最近だと、R指定のスーパースターことエッジやその相方の、クリスチャンを倒したりはたまた、ネーチャーボーイことリック・フレアをロー・ブロー。HBKことショーン・マイケルズをRKOで撃沈させたりと名レスラーを次々とぶっ倒してきました・・・。正式な試合だったりマイクパフォーマンス中だったりと、もう1つの愛称、完全な「毒蛇」です(笑)
そのような行いに怒ったマッキンタイアと毒蛇さんとの対決です。

サマースラム2020 5

月曜夜の救世主、セス・ロリンズとの抗争から発展しました。ドミニク・ミステリオ対セス・ロリンズ(ストリート・ファイト戦)
レイ・ミステリオの息子、ドミニク君がPPVデビューです。モニターにはお母さんらしき人とミステリオ本人がセコンドとして様子を見てましたね。ドミニク君の体の柔軟性や619を最後にやっているのを見て、お父さん、そしてトレーニングセンターでかなりトレーニングをしていたのだなぁと見受けられます。とりあえずお母さん、ルイ・ヴィトンのノースリーブを着ておりましたのでそっちにも目がいってしまいました(笑)

サマースラム2020 6

これらのカードの中ではアスカ選手の2回の試合の他にこのマンディ・ローズ対ソーニャ・デビル(右側の選手)の負けたらWWE退団マッチが気になっていました。オーティス、マンディ。ドルフ・ジグラー、ソーニャの抗争からこういう形へと発展し、スマックダウンでソーニャ・デビルがマンディ・ローズの髪を切り落としたりと激化。とうとう負けたら退団マッチへと展開しました。
ここで気になったのが、ソーニャ・デビルが試合前に退団の意思を団体側に伝えていた、ということを小耳にはさみました。それは事実なのはわかりませんが、今月このような事件がありました。

https://www.nikkansports.com/battle/news/202008170000324.html

ソーニャ・デビルを付きまとっていたストーカーが逮捕されたという事件です。容疑者は人質にしようと考えていたそうです。その事と退団につながっているかはよくわかりません。もし試合前に退団の意思を団体側に伝えていたというならば、〝八百長〟と言ってしまうと流石にいい過ぎですが、とりあえずその様なストーリーがあったということだと思います。

アブソリューション WWE

ペイジ(1番左)は首の怪我のため引退中、ソーニャ・デビルは退団ということは「アブソリューション」は崩壊してしまったということは事実です。マンディ・ローズの今後とペイジの今後、そしてソーニャ・デビルはこのあとどうなっていくのか...。展開というか見守っていきたいと思います(ファンとして)

※補足ですがまぁ気になったこととして、レイ・ミステリオってリングに戻った際(2018年 SmackDown 1000)カラコンを付けて戦ってましたが、少し前からカラコンをやめてその後セス・ロリンズにやられるという流れに(ざっくりと)なっていました。カラコンやめた理由はなんだったのかなぁという点とドミニク君は父さんのようにマスク入場やマスクで戦うといったことは今後あるのかなぁなんて若干気になりました。


プロレスランキング

ビンス・・・(失望)。

今回、本当にビンス・マクマホンが「You are fired!」を大量になされましたので選手の大量解雇にも若干ながらショックでしたが、今回の解雇のメンバーには7月の来日公演に出場予定の、ルーク・ギャローズとカール・アンダーソンが入っているのです。7月の公演はどうされるのでしょうか。とりあえず、4月20日の現時点ではカード変更などはないですね。どうなるのでしょうか。
WWEの放送と来日公演での今後の展開を見てみることにしましょう。

live_main_06.jpg

https://wwe.co.jp/wwelive/superstars/より


プロレスランキング

まんきつ

プロフィール

WΔlKM∀N

Author:WΔlKM∀N
趣味である、鉄道・バスでの旅ルートから歴史,WWEや洋楽情報などを紹介しております。
小ネタブログを開設しました。ご覧くださいね!
時事ネタニュー速
WWEに特化したブログを新設しました
WWECHANNEL
サウンドクラウドを始めました
WΔlKM∀N

切手などのコレクションに!

管理人おすすめサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR