WEBのレッスン - 鉄道とバスの旅・歴史のブログ

photoshopを利用して

さてと、フォトショップを利用して、ぬりえをやってみるというのはいかがでしょうか!?子供用とか、大人向けのものとか、今回は例として1つ作ってみました。

nurse


まぁ簡単だと思います。まず、画像を(今回はそうにゃんにしました)A4サイズに貼り付けて、<小さい場合はイメージから画像解像度を選択して適当な大きさにしてくださいね>プリントします。それだけです。

a4印刷


印刷したものがこちら。ややオレンジが薄まってますがこれは単なるインク不足です。

おえかき1


とりあえず、今回は子供用のお絵かきという想定で作ることにしました。とりあえず、お見本的なものづくりです。

おえかき2


ずぶとい手で、5Hほどの薄い鉛筆でなぞり

おえかき3


あとは、ひたすらクーピーですね笑

おえかき4


やや雑な仕上がりになりましたが、というかオレンジをかなり使い、シルクハット部分がむずかったっす。一応この作業は目的がありまして、見本というのと子供が描く前に自分が描けるのかのチェックも含まれてまして・・・。自分がよく相手にする子供は大体が幼稚園の年長さんあたりのお子さんだったりするんです。ということで、描けるかのチェックをするというのも含みます。

おえかき4


子供用塗り絵は大体Bあたりですが、いきなりBから始めると若干デンジャラスですので、Hのもので少し周囲を固めてからBに入ってからもいいかもしれません。

おえかき


ちょっと失敗してしまったのですがいきなりBから始めると、ほおの丸い部分が均等じゃなくなったりと・・・一応スピーディーにはできますが、デンジャラスです。あと、お見本時にシルクハットで苦戦をしましたのでシルクハットをカットしてこれで子供用が1つ完成となりました。


アートランキング



クーピーは描いているとすぐになくなります



なめてはいけない。ドラえもんはこうみえて簡単には描けない。
スポンサーサイト



フォトショップを改めて学んできました

今日は改めてフォトショップのショートカットキーなどを学びました。 
コントロールキーにc(コピー)やz(貼り付け)やt(自由変形)、A(全て選択)D(選択の解除)といったショートカットから、シフトキーによる複数選択。シフトキーによるコピーペースト、そして均等に配置をする。オルトキー(Macユーザーならオプションキー)にバックスペース(Macではデリートキー)で描写、背景色での選択範囲やレイヤーなどの塗りつぶしといったショートカット方法や、左端と上部にある定規(ルーラー)から線を引っ張っていき選択範囲を作る方法。シフトキーを押しっぱなしにして鉛筆ツールで直線を描くと言った基礎の部分を学びました。あとレイヤーの管理、グループを作ってレイヤーをまとめ管理するといったことを学んできました。いちばん大切なのはレイヤーの管理と文字を打つときはレイヤーの事を気にしながら打つといったことを改めて痛感しましたね。 
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/default-keyboard-shortcuts.html
参考までにAdobeのWEBからショートカットキーの一覧です

あと余談ですが学んでいるときにやっぱフォントって選びようによっては印象が変わるものだなあと感じました。グループ魂のフラッシュ動画の『中村屋』もフォントで表現の幅というか感情を表現できますしね。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm9128
一応こちらが『中村屋』の動画ですね。ニコニコ動画からの抜粋です。

まんきつ

プロフィール

WΔlKM∀N

Author:WΔlKM∀N
趣味である、鉄道・バスでの旅ルートから歴史,WWEや洋楽情報などを紹介しております。
小ネタブログを開設しました。ご覧くださいね!
時事ネタニュー速
WWEに特化したブログを新設しました
WWECHANNEL

切手などのコレクションに!

管理人おすすめサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR