JRが窮地だからこそこれを! - 鉄道とバスの旅・歴史のブログ

JRが窮地だからこそこれを!

JR各社が赤字だとニュースで知りました。JR東日本が新たな一手を出してきました。しれがトクだ値です。↓詳しくはこちらを参照。乗車日の20日前にえきねっとから予約しましょう

http://www.eki-net.com/top/tokudane/kakaku_osakini_sp.html?src=tokudane_top#train_tokkyu

私もこちらを使用して、勝田まで行ってきました。区間によって割引額が変わりますが、品川〜勝田間利用ということで1割引きでした。

とくだね切符

本来は3890円ですが、3490円になりました。(400円引き)約、1時間30分の旅路です。

ひたち号

勝田駅まで連れてくれる、ひたち号( E657系)です

勝田駅

勝田駅に着きました。ひたちなか海浜公園を目指しバスに乗車です。

茨城交通1

海浜公園の停留所に到着。エアロスターでございます。だんだん海浜公園に近づくにつれて、乗客が降りていき、海浜公園に到着した際には私オンリーでした。

海浜公園 外観

まずは第一印象。でかい!広い!

周遊バス0

周遊バスに乗車、しかし私だけ。コロナの影響でしょうか?海浜公園は車掌さんの話によると、広さはディズニーランド7個分に相当するようです・・・。全部回るのに1日以上かかるかも・・・。

西門ゲート

バスの中から先ほどの入り口を見てみると・・・やっぱでかい

周遊バス1

これが私を乗せてくれたバス

周遊バス2

かわいい機関車型です

観覧車

観覧車を見つけました

ジェットコースター

そしてジェットコースター。遊園地があるとは知らなかったです。

パターゴルフ

早速観覧車に乗りましたが、パターゴロフ場だけでも広いです

干支

反対側には来年の干支、丑が描かれて降ります。遊園地も閑散としちゃってます。

海浜公園 夕暮れ1

夕暮れまで、海浜公園を満喫しましたので今夜泊まる予定の最寄駅、「阿字ヶ浦駅」まで戻ることにしました

海浜公園夕暮れ3

あら曲がった木が・・・。

海浜公園 コミュニティ

コミュニティバスがやってきました。このスマイルあおぞらバスは住宅街を回って行くので勝田駅に向かうには路線バスの方が早く到着できますよとのことでした



行きと同じバスがやってきました。

茨城交通2

そして勝田駅に到着。所要時間約20分。それにしても、なかのりバスはかなり久しぶりです。

勝田駅 乗り場1

勝田駅にはこのようなパネルが!ホームは共有のようです。

入場口

ひたちなか海浜鉄道の入場口です。簡易スイカはありますが、湊線はスイカが利用できないので、JRに乗り換えるためのものでしょうね。「勝田駅」と書いてあるところできっぷが販売されています。ですので、改札に入る際には、駅員のいるところへ行き、湊線へ乗車することを伝えてからホームへ行くことになります。

湊線1

気動車ですね!個人的にはかなり久々です。

きっぷ

570円するようです。結構高いっす。

車内 1

車内は結構かわいい内装

車内2

こういう内装を見るのも旅をした気分になりますね

阿字ヶ浦駅 駅名標

阿字ヶ浦駅に到着。独特な駅名標としか言いようがないです。

湊線 1日乗車券

駅構内このようなものを見つけました。きっぷとの差額は30円です。次はこちらを購入しましょう。たくさん乗る際にはこっちの方がいいですね。

阿字ヶ浦駅 キハ

ホーム脇でおねんねしてました。これまた風情たっぷりですね。

阿字ヶ浦駅 駅舎

駅舎です。何もない・・・・。

阿字ヶ浦 コミュニティ

ただ、海浜公園で見送ったコミュニティバスはやってきました。ふと海浜公園から直にこれに乗って駅に行った方が良かったのかなぁなんてふと感じましたね

1日目は終了です

観光2日目はこちら

https://oopswalkman.com/blog-entry-108.html

茨城探訪 列車・バス編はこちらをご覧ください

その1

https://oopswalkman.com/blog-entry-109.html

その2

https://oopswalkman.com/blog-entry-110.html


鉄道旅行ランキング


バスランキング




茨城観光の時はこちらを片手に!



常磐線を運転席から楽しんでみましょう
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント